ついに明日に迫ったうどん君呼び出し。
明日、我々が万感の怒りを持って抗議するのはここ!

検察庁

検察庁前だ!!





うどん君を起訴するか否かの一切の決定権を握っている検察庁。その検察庁に対して、本件の呼び出しを弾劾するとともに、不起訴にするように強く訴える予定だ。

最寄り駅は
・東京メトロ有楽町線「桜田門駅」(5番出口)から徒歩2分
・東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ケ関駅」(B1a出口)から徒歩3分
・東京メトロ日比谷線・千代田線・都営三田線「日比谷駅」(A10出口)から徒歩5分
・JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」から徒歩8分

時間は13時半からを予定している。

是非一人でも多くの人に結集してほしい。





また、以下に明日提出予定の抗議文も公開しておく。
一読して頂ければこの間の警察・検察の不当性について共有していただけるのではないかと思う(当該の名前は不特定多数の見るネットでの公開という点を踏まえ、実名から「うどん氏」と置き換えてあります)。

2014年2月18日
東京地方検察庁
検事 大原 裕吉殿

シェアスペースりべるたん一同
科学喫茶コペルニクス一同

抗議文

シェアスペースりべるたん並びに科学喫茶コペルニクスは、うどん氏の逮捕及び両スペースの家宅捜索に端を発する今回の検察庁呼び出しに対して、強い抗議の意を示し、以下の3点を要求する。

1 呼び出しは不当であり、撤回すること
本件において、うどん氏は組織犯罪対策法という容疑で逮捕され、池袋署に2泊3日身柄を拘束された。しかし、うどん氏は上記の法律に当てはまるような犯罪は一切行っていない。そのことは、取調べに対して黙秘という姿勢を貫いていたうどん氏に対して勾留延長もつけられなかったという事実において、池袋署の公安警察自らが証明している。
本件における逮捕は不当性の非常に高いものであり、そのような逮捕を前提として実施される取調べ及び起訴策動も不当なものである。呼び出しを直ちに撤回すること、あるいはうどん氏から話を聞きたいならば、警察・検察の本件における不当性を公然と明らかにできる広く公開された場で実施することを要求する。

2 うどん氏を不起訴にすること
上記の通り、うどん氏の身は全くの潔白である。うどん氏に対する取調べ及び起訴策動はそもそも不当なものである。検察庁は、この不当性を全面的に認め、うどん氏を不起訴にすること、そして以降うどん氏に対する呼び出し及び公安警察・検事の接触を一切断つことを要求する。

3 本件に対する謝罪
本件において、うどん氏に与えた肉体的・精神的苦痛は多大なものである。また、りべるたん及び科学喫茶コペルニクスに対する不当な家宅捜査において、両スペースの関係者一同も強い怒りを抱いている。本件は、りべるたん及び科学喫茶コペルニクスの持つ政治性に対する恣意的な弾圧であると認識しており、そもそもそれ自体が弾劾に値する。また、本弾圧は正当性が皆無なだけでなく、呼び出し名を間違えた文書を郵送するなど、稚拙でかつ杜撰なものである。一連の経過において、うどん氏の人生や生活を全く省みることのない警察・検察の傲慢な姿勢が強く示されている。警察・検察は本件における不正義を深く認識し、その正義の回復のために、うどん氏に対して謝罪することを要求する。

以上