ご無沙汰しております。りべるたんイベント部よりお知らせです。来る8月9日(日)、私たちは、2015年統一地方選落選者の菅谷圭祐さんと岩井ゆうきさんをお招きし、トークイベントを開催します。題して「僕たちが出馬した理由、負けた理由」。

本企画は、りべるたん講演会シリーズの第4弾です。

 

菅谷圭祐

菅谷圭祐


1987年、青森県南部町生まれ。法政大学文学部哲学科卒。
法大在学中、大学横断の学生運動組織「ゆとり全共闘」と結成し、高騰する学費や深刻化する就活地獄について改善を訴える集会・デモを主催する。また、収入が少ない若者でも生きられるシェアハウス「りべるたん」を有志と結成し、代表として運営を担う。今春、豊島区議選に出馬するも、972票で落選(55候補中42位)。
現在は、障害者介助や弁当販売で生計を立てる。趣味は文章を書くこと、料理。

 

岩井ゆうき

岩井ゆうき


1981年、滋賀県木之本町生まれ。都留文科大学文学部初等教育学科卒。
都留大在学中に、小学校教諭免許・中学校教育免許を取得。卒業後は俳優を志し、下北沢へ移り住むも、芽が出ず断念。以後、職を転々とする。
2011年に、働くことについて考えるきっかけをつくるためのイベント「無職FES」を開催。1万人を動員する。
2012年には、「下北沢カレーフェスティバル」を企画・運営。「都内最大のカレーイベント」として3年連続で成功に導く。
今春、世田谷区議選に出馬するも、1390票で落選(82候補中69位)。

 

本企画の趣旨は、菅谷さんと岩井さんが出馬へ至った動機と、あえなく敗れ去った敗因、その他選挙にまつわるもろもろの「?」を、忌憚なくおかがいすることにあります。


▼若者の政治離れが叫ばれ、20代の投票率が3割を切る中、何故、何がしたくて、選挙に立候補したのか?
▼地盤(支援組織)、看板(知名度)、鞄(金)の「3バン」いずれもない中、当選すると思っていたのか?
▼仮に当選したとして、議会で社会を変えられるのか? 具体的にどのように変えるのか?
▼議会制民主主義を信じているのか?
▼選挙活動って、実際何をするのか?
▼選挙にはいくら金がかかるのか? どこから金を集めたのか?
▼何故負けてしまったのか? 勝つためには何が必要だったのか?
▼落選後は何をして過ごしているのか?
▼4年後再出馬するのか?


……このような疑問です。それ以外にも、選挙の苦労話や裏話、今後出馬を予定している議員志望者へのアドバイスなど、併せてお尋ねできればと思います。

トーク終了後は、交流会を開催! 時間の都合で、交流会のみ行けるという方、大歓迎です。奮ってご参加ください。

多くの皆さまのお越しを、お待ちしております。


★<2015>統一地方選落選者に聞く「僕たちが出馬した理由、負けた理由」

ゲスト:
菅谷圭祐(豊島区、972票)
岩井ゆうき(世田谷区、1390票)

司会:増井真琴
日時:8月9日(日)18:00~
場所:りべるたん
参加費:500円